何歳になってもシミのない美しい肌を保つには皮膚科を受診しよう

カラフルな幾何学模様

種類を知ろう

同じシミといっても、これには様々な種類があります。まず年齢を重ねてから必ず突き当たる定番のシミが肝斑です。この肝斑は皮膚の一番奥底にある部分にできているシミであり、皮膚の下の下にまで沈着している為に化粧品や毎日のケアだけでは中々改善しきれず、ずっと定着したまま過ごすことになってしまうことも多いものです。
このシミは皮膚科、美容外科で治療することが可能な場合がありますが、シミの質やできている場所等によっても治りやすさが変化します。

次に若い人にも多いシミがそばかすです。これは顔、特に日光に当たりやすい鼻先や頬の部分によく出来てしまう定番のシミとなっています。そばかすは子供の時だけ現れる場合もありますが、大人になってから出てくることもあります。紫外線を浴び続けることによって色が濃くなってしまうこともありますし、日に日にそばかすの数が増えるようなことがあれば早急に対処してケアしていかなければどんどんと肌は汚くなってしまいます。

更に年齢を重ねれば出てくるのが老人斑といわれるシミです。これが出てきてしまう原因は今だに不明となっていますが、老化によって皮膚が変化していることが原因だといわれています。早いひとならば20歳からこれらのシミが出てきてしまうようなこともありますし、老人になってから突然出てくることになる場合もあります。
人によってタイミングはそれぞれとなっており、中には顔には一切でてこないのに、腕にばかりこの老人斑がでてくるという人もおります。
逆に顔ばかりに老人斑が出てしまうから恥ずかしいと感じている人もおります。これは黒よりも茶色のような形で現れ、中々消すことができません、顔に老人斑が出てしまえば相当に老けた印象に見えてしまいますから困っている人が多いです。